普通第二種免許とは

普通第二種免許とは自動車運転を営業としている人が取得しなければいけない免許であり、一般的にはタクシードライバーを対象にしています。受験資格は普通第一種免許という自動車を運転するための免許を取得して免許手停止期間を覗いた三年以上の運転経歴と満21歳以上という年齢制限があり、試験の流れは普通第一種免許と同じで学科試験を受けて合格した人が技能試験を受け、それで合格すると取得できるのです。普通第一種免許の試験と大きく違うのは難易度が高くなっているところであり、学科試験が第一種では80点以上で合格しますが、第二種では90点以上でなければ合格しません。問題そのものに大きな違いはありませんが、間違えても差し支えない数が減っているので、より的確に交通法規を覚えていく必要があります。特に交通法規の問題は一般にいう「引っ掛け問題」が多く、集中力を要する作りになっているという特徴を持っていて、柔軟かつ思考力を働かせなければいけないでしょう。それよりも難しいのは技能試験であり、運転経験があるから簡単だと考えていると大変な目に遭います。運転というのは個人の癖というのが自然に生じてきて、ハンドル操作やブレーキの使い方、確認方法などその人で対応が変わってきます。しかし試験ではそのような個人的な癖は減点対象になり、どれだけ基本に忠実で安全性を持った運転ができるのかというのを見ているため、運転の技能がどんなに上手な人でも不合格になる場合は多く発生しています。技能試験で特に重要になるのは確認作業であり、確認しているというのを試験管にはっきりと見せる必要があって、自分では確認しても試験管がそれを認識できなければ減点になるので、いかに大きな動作で確認をするかというのが大切です。不合格になってもどこが悪いのか全く教えてくれないので、自動車教習所のように悪い内容を提示しないためにいつまでも同じ失敗を繰り返してしまいます。このような事態を避けるために自動車教習所では二種免許専用の教習を行っているところもあるので、試験を受ける前に教習所で練習を積むのが有効な方法でしょう。人を輸送する仕事というのはその人の身体について全責任を負っているため、試験が難しくなるのは当然です。しかし取得できれば旅客事業への就職も可能になり仕事先の選択肢が増えるので、簡単に取得できる免許ではありませんが、タクシードライバーになれば一般的な定年である年齢に達しても継続して就業できる可能性が高いので、自分の将来設計のためにも取得する価値が十分にある自動車免許であるのは間違いありません。

Copyrightc 2015 funfun guide service corporation All Rights Reserved.